皆様のご感想


2018年3月21日、25日試写会(渋谷ユーロライブ)での感想

心が洗われる感じがしました        
こんな子どもたちがいることを知らなかった」

「このような境遇の人のことを思うと涙が止まらない     

完成試写会に招待された皆が心に沁み大泣きした」

日本の子どもの直面する問題がすべからく盛り込まれた映画」  

製作者の想いが込められた映画              

子育てに悩む親に観て欲しい映画ですが仲が良い親子にも「親子の絆」を感じる映画として観て欲しい映画。」

「心に残った言葉(会話)も多く、子供たちの問題であると同時に大人たちの問題でもある諸々の課題意識していきたい思います。」

「登場する人物が、私が関わってきた人物と重なり、何度も胸に込み上げるものがありました。                多くの人がこの映画を観て、福祉の現状を少しづつでも理解してもらえたら嬉しいです」

「今の時代の根底にあるいろいろな問題。この映画で描かれていることはまさにそこだと思う             社会は世界の縮図とするならば無関係ではない。ぜひ、観てほしい。」
                                  など